オススメのレディース用の名刺入れを紹介します

会社に入社してすぐに必要になるのは名刺入れです。初対面の時に渡すものなので、意外と印象に残るものです。使っているものによっては第一印象を大きく左右する場合もあるので、慎重に選びたいものです。 まずは材質です。スチール製のものは名刺が曲がらないなどの利点もありますが、指紋がつきやすく、落とした場合に音も大きいのでなるべく避けた方がいいでしょう。また女性が使うレディースものには無機質すぎていささか味気ないものです。出来れば本革を選ぶと使い込むにつれて手になじんで風合いが増していきます。使っていくうちに革独特のつやも出て、たとえ傷がついても革用クリームなどでメンテナンスをすれば目立たなくなります。合皮の場合はだんだんと劣化していくだけなので、長く使うには本革のレディースものの方がいいでしょう。

シンプルなデザインの名刺入れがベストです。

 次にデザインです。名刺を渡す相手は、性別も年齢もさまざまなので、万人受けするようなシンプルなデザインのものがいいでしょう。女性だからといっても、あまりにもかわいいものや飾りの多くついたレディースものは避けた方が無難です。また新入社員は、まだ仕事にも慣れていないのに名刺入れだけハイブランドなど値段の高い立派なものを持つといい印象を持たれない可能性が高いです。かといって相手の大切な名刺を入れるものなので、一目で安物をわかるようなものも避けた方がいいです。新入社員のころはブランドにこだわらずシンプルで質のいいものを持つようにしましょう。 そして、自分の仕事のレベルや会社での地位が上がってきたら、それに応じて自分にふさわしいものをもつようにしましょう。自分を印象づける小道具の一部ですので、相手にどう思われたいのかも考えて選びます。

名刺入れの色は派手な色は避けましょう。

 最後に色です。いくら赤やピンクが好きだとしても、派手な色は仕事の場面で使うものなので避けた方がいいでしょう。初対面で派手な色のものから名刺を出された場合、後々までその印象は残ります。それがプラスになる場合もありますが、マイナスなる場合もあります。やはり色は黒、茶、紺など明るすぎない無難な色を選ぶと安心です。白など薄い色は明るく誰からも好かれる色ですが、汚れが目立ちやすいのでいつもきれいにしておけないのなら避けた方が無難です。 名刺入れは初対面で出すものなので、自分で気に入ってなかったり、人前で自信をもって出せるようなものでないと、自信のなさから第一印象が何かしらマイナスになってしまうこともあります。無難でありながらもどこか自分らしさのあるもの、センスを感じさせるものを根気よくさがしましょう。